夏タイヤは乗る車の種類や用途によって様々な種類が発売されています。自分に合ったタイヤを装着する事は、快適な運転だけではなく安全にカーライフを送る事にも繋がります。
タイヤの基本的な性能として、安定性やグリップ力、制動力があり、そこに耐久性や音の静かな性能が加味されタイヤの総合的な性能が決まります。
家族が多い時に便利なミニバンは床面からの地上高が高いため、重心も上にあり運動性や安定性がセダンなどよりも悪くなっています。そのため内部の剛性が強く路面への食いつきに優れる、ミニバン専用タイヤを使うのが最適です。車の用途がレジャーなどで長距離移動を行う場合は、耐久性の高いタイヤを選ぶ必要があります。
また、雨の中に走行する機会が多いなら、溝が多く排水性能の高いタイヤがおすすめです。ただし、溝が増えると溝の中で音が響き静音性は減少します。反対に溝が少ないタイヤは地面にしっかり接着するのでグリップ力が強まりますが、濡れた道路で滑りやすくなるので注意しましょう。
燃費が良くなる低燃費タイヤも存在し、タイヤが回転する際の抵抗を少なくする事で燃費を向上させています。摩擦が少なくなるとグリップ力低下が懸念されますが、最新技術で摩擦を維持させる工夫がされています。