車体は季節で温度の変化を受けますから、タイヤを含めて走り方が変わります。
夏場は暑い日が発生しますし、直射日光は車全体にダメージを与えるので、走りに影響するタイヤは特に影響の懸念があります。
大型の車は重量があるので、冬の路面は滑り易くなりますし、ドライバーは慎重さが必要な季節ですから、タイヤの状態を注意して確認します。
グリップ力がタイヤの性能を示しますし、大型の車を支える接地面積が必要なので、車のサイズに合ったタイヤを履き替える事が季節の変わり目に大切です。
年間を通して新しいタイヤはグリップが強くなるので、安心して車に身を任せられますし、ドライバーの運転にクイックな対応が出来ます。
タイヤ以外にも車の状態を確認して、車全体の能力を発揮出来る状態にする事で新車の感覚が取り戻せます。
温度変化でタイヤの硬さや寸法が変わり、何時も車の走り方は変化しますが、多少の誤差は人間の感覚で補えるので問題なく走行可能です。
総合的に考える事が車の性能を導きますし、メーカーが想定していない車の個性も引き出せるので、求める走りに適したタイヤを車とマッチさせ対応する事がドライバーの役目です。
車と走る期間が長いと特性の変化に気が付き易いので、タイヤの劣化や変化を知る事が経験で身に付きます。