リブラグの役割

| 未分類 |

タイヤに刻まれている模様をトレッドパターンといい、その形状によって役割に違いがあります。
リブ型とは、タイヤを1周するように周回方向に溝が刻まれたものです。直進安定性があり、横滑りに強く、転がり抵抗が少ないため燃費が良く、さらに排水性が良いといった特徴があります。舗装道路や高速道路を走行するのに適したパターンですが、逆に不正地の走行には向いていません。主に乗用車用のタイヤに刻まれています。
ラグ型とは、タイヤの周回方向に対して直角方向に溝が刻まれたものです。駆動力及び制動力が強く、悪路走行が得意です。転がり抵抗が大きいため燃費が悪く、タイヤの磨耗も早いほか、走行時の騒音も大きいです。主に建設車両や農耕車両に使われています。
表題の型は上記の二つの特徴を備えたもので、タイヤの中央に周回方向の溝、タイヤの両端には直角方向に溝が刻まれています。走行安定性があり、排水性が高く、横滑りにも強いので、市街地での走行に向いています。悪路走行性能もあり、燃費もラグ型より良いので、汎用性のあるタイヤです。中低速度で市街地から山間部まで荷物を運搬するトラックや、舗装路から田んぼ道まで走行する農家の軽トラックなどにその用途があります。