ミニバンは車高が高くまた車重があるため、コーナーリング時や高速道路で車線を変更するときに、左右に大きくふらつくという特性があります。またコーナーリング時にタイヤの外側に大きな力がかかるため、タイヤの外側だけ磨耗がすすみやすいです。さらに、車高と車重の影響で、慣性のため制動距離が長くなりがちです。
ミニバンが発売された当初は、ミニバンの重い重量にあわせて硬く頑丈なタイヤが装着されていました。そのため、車内の静粛性や乗り心地がある程度犠牲になっていました。その後、ミニバンの利用方法がキャンプなどのアウトドアから街乗りのファミリーカーへ変化すると、そのタイヤにも静粛性や乗り心地が求められてきています。
現在のミニバン専用タイヤの特徴は、力のかかるタイヤの外側ブロックを強くして、横揺れを抑え安定性を高めています。逆に内側は柔らかくして、グリップを確保しつつ快適な乗り心地も実現しています。また内外の強度に差をつけることにより、タイヤ外側だけの片減りも防いで、タイヤの寿命を延ばし安全性を高めています。さらに強度だけでなく、タイヤの模様も外側と内側で非対称になっているものもあります。これらのほか、コンパウンド等の配合により、路面のグリップと低燃費を両立させたものが開発されてきています。