タイヤはセダンやコンパクトカーなど車種に応じてサイズや固さ、トレッドのパターンなどいろいろ工夫されています。
その性能によっては走行性や安定性、燃費、振動など影響が出てきます。
柔らかいコンパウンドはグリップするけれども減りが早い、種類によってはコーナーリング時にふらついたりする、燃費がよくない、雨天やコーナーのグリップがよくない、走行ノイズが大きくて快適性に欠けるといった問題点が出てくることがあります。
このような問題点を車種別の専用タイヤで解決する方法があります。
例えばミニバンは車高が高く、その分車重も重たくなっています。通常のものよりワンサイズ大きなものが使用されています。
発進時や停車時に負担がかかってしまうことになります。また高速走行時などでもアップダウンで負荷が大きくなってしまいます。
車高が高いとコーナーリング時にも影響があります。コーナーリングで横方向にかかる重量が大きくなってしまうことから、外側へ負担がかかることになります。
その結果、外側だけ摩耗する肩べりをいう状態になりやすくなります。
このような場合、外側のブロックを強めにしたり、パターンを変えることで横揺れや肩べりを抑え安定して走行ができるなど、専用タイヤのメリットがあります。