ブロックの役割

| 未分類 |

自動車用のタイヤの種類の中には、冬期間の積雪道路などを走行させるために利用する、スタッドレスタイヤというものが用意されています。かつては金属製のピンが埋められているスパイクタイヤが主流として利用されてきた背景がありますが、公害問題や路面への悪影響を考慮して、現在では基本的には利用が禁止されているものになります。スタッドレスタイヤには特徴があって、ブロック部分の構造が夏タイヤとは異なる仕様に仕上がっています。基本的には駆動力や制動力、操縦性など全ての項目をクリアしているものになりますが、最も重要視されている部分は圧雪道路やアイスバーンでも安全に走行できるための構造になります。ブロックに関しては、縦と横の部分で構成されているものになり、路面に密着する部分が該当しています。このブロックによって、路面で滑りを発生させてしまうことを防いでいるのですが、スタッドレスタイヤの場合ではブロックパターンが細かいことが特徴とされていて、夏タイヤと比較する場合では、溝が深めに設定されていることも特徴になります。そもそも構成されているゴムの特性も大きく異なるものとされていますが、ある程度タイヤが摩耗してしまっても、夏タイヤよりも雪上での性能は高いものとされています。