a0001_000062自動車用のタイヤには、非常に数多くの種類のものが用意されています。一般的に夏タイヤと呼ばれているものであっても、複数の種類に分類することができ、オフロードタイヤなどの特殊なものも存在しています。近年では燃費向上を重視しているいわゆるエコタイヤというものも登場しており、転がり係数を意識した構造に仕上がっています。冬タイヤと呼ばれるものはメインとして活躍しているものはスタッドレスタイヤと呼ばれているものになりますが、一部ではスパイクタイヤも利用されていることになります。そんな中、タイヤにはリブという縦の溝が設定されていることになり、縦のラインとして平行に数本のものが入れられていることが一般的です。リブの役割りとしては、走行安定性を確保することになり、横滑りを発生させないというメリットを持っています。また、近年では低騒音タイヤも普及しており、リブの構造によって大きく異なるものがあります。中には左右非対称で設定されているものも存在しており、この点に関しては自動車の構造や好みによっても自由に選択することができます。一般的にはリブの状態によって、自動車の走行性能が大きく変わることが分かっており、最新の事情としては、低騒音でエコ仕様のものが人気があります。